占い

占いの当たりはずれ

更新日:

町田の母 セレーネ

スピリチュアルカウンセラー

 

◇よく言われること◇

『当たるんですか~?』

あなたもそこ聞きたいですよね。

もしくは、『全然当たってないじゃん!!』という経験されたか・・・。

 

一口に『占い』といっても、占術(占う方法)や、鑑定師の個性があって、

『当てもの』が得意。

『失せ物』が得意。

『人などの気持ちを読む』ことが得意。

その他いろいろです。

ほぼオールマイティの方もいらっしゃるでしょう。

 

『当たりますか?』と聞かれたら、私は

『う~ん、当たるかもしれないし当たらないかもしれない。

結果当たってたってことはあるけど(*^^)v』って、その人にはお答えしました。

他にもいろいろお話ししましたが、私の鑑定スタイル、信条、人と成りを理解していただいたらしく、『四季星十二節気石学によるパワーストーン鑑定 』のご依頼いただきました。

お客様にとって鑑定師との相性は大事ですね。

 

そうそう、昔、毎日の占いを星ごとに1年間書かれた本が毎年出てて、

この本を書かれた方は、もう亡くなっていらっしゃるので、毎日のちょっとした指針がなくて、

残念な思いをしたことがあります。

業界では超有名占い師さんで、1度私も観ていただきたいと思っていたのですがかないませんでした。

毎朝今日の指針的に読んでいましたが、バタバタしていると数日間読んでないことがあり、

そんなときです、。

本当に、書かれていることがその日に起きていたんです!!

『え~~~~~(@_@;)

当たってた・・・』

 

職人のような占い師さんで、興味深い、学問的な本出版されています。

でも、ピンポイントで当たったといえるのは後にも先にもその日1日だけでした。

 

確か『足に、か足元に注意』だったと思いますが、砂利道で転び、まさしく足にケガをしました。

もし、その日に私が読んでいたとしたら、歩くことにもう少し注意を払っていて転ぶことはなかったかもしれませんね(*^^)v

-占い,

Copyright© 町田の母 田中恵里子(Selene セレーネ)☆数秘術鑑定師・カード占い師のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.